• ホーム
  • 勃起不全に悩んではいけない理由

勃起不全に悩んではいけない理由

2019年03月03日
スプーンの上にあるカプセル

勃起不全は発症してしまった場合誰にとっても悩ましい病気になるのですが、しかしここで勃起不全治療の鉄則として覚えておかなくてはならないのが「勃起不全に悩んではいけない」ということです。
もちろん病気であることを過度に楽観視してはいけませんし、ましてや「いつか自然に治るだろう」というように放置して良いわけではありません。
しかし勃起不全のことを常に考えて自分を追い詰めてしまうということは勃起不全の完治を遠のけてしまう大きな原因なのです。
これは勃起不全が「心因性」として発症することもある病気であることが理由です。
心因性とは精神的な悩みやストレスが原因となって病気が発生することですが、「勃起が出来ない」という症状はこうした精神的なことが原因となって引き起こされることが多々あります。
女性関係の悩みやトラウマが原因となって性行為を妨げるケースは珍しいものではありませんし、日常のストレスやそれからくる睡眠不足などによって勃起が妨げられることもあります。
そして何より恐ろしいのが「勃起不全は複数の原因から発症することがある」という点です。
最初は高血圧などの肉体的な原因であったとしても、それに強い悩みや劣等感を抱き続けてしまうと結果的に肉体のみではなく精神も勃起を妨げる原因になってしまい、肉体だけではなく精神面の治療も行わなくては完治できないという状態になってしまうのです。
この二つの原因が絡み合って勃起を阻害するのは混在型と呼ばれており、治療が特に難航しやすい症状です。
そのため勃起不全が発症してしまった場合にはあまり強く悩むのではなく「しっかり治療すれば治る」と前向きに考えて治療を続けていくことを大切にしましょう。